申告受付サービス案内

Marpple Shopで販売中の商品が第三者の著作物の無断盗用または肖像権を侵害したと判断される場合と、セラーがMarpple Shop内部規定違反を目撃した場合に、申告を受け受けるサービスです。

当該商品が実際に第三者の権利を侵害したかどうかは、Marpple Shopで任意に判断することができず、適法な資格を持った関連機関を通じて権利侵害かどうかについての判断および事後措置の決定を求めなければなりません。Marpple Shopは、関連機関の最終判断まで、当該商品を一時的に販売中止することにより、追加の権利侵害を防止するために申告受付サービスを設けています。

申告受付サービスは、顧客を保護するための一時的な方法であるだけで、究極的な解決は、関連機関を通じた法律相談および救済手続きを経て進めることができます。

迅速かつ正確な申告受付サービス運営を通じて、Marpple Shopは、コマースプラットフォームサービスプロバイダとしての責任を尽くそうと努力しており、当事者間の紛争が適法な手続きを通じて合理的に解決されるまで関連するすべての当事者を保護しようとします。

関連機関ホームページ

  • 警察庁サイバー安全局
  • 韓国著作権委員会

画像をクリックすると、当該ホームページに移動します。

申告受付サービスの受付可能な対象

①著作権侵害、著作権侵害 著作物に対する正当な権利がある当事者(個人および団体)および無断盗用された商品の原本製作当事者

②偽造商品の販売、偽造商品販売 販売中の商品が商標権またはデザイン権に違反した場合、当該権利者または権利者から委任を受けた代理人

③Marpple Shop内部規定違反、Marpple Shop内部規定違反 満14歳未満の未成年者のセラー、著作権者ではない他人の名義で運営中のセラーの違反事実を立証することができる者

申告受付時の処理過程

著作権侵害/偽造商品販売(商標権・デザイン権の侵害)

著作権侵害申告の受付時の留意事項

著作権侵害の申告受付時、当該商品を販売中のセラーには、要請事由(団体の場合は「権利を保有する法人/団体名」に、個人の場合は「当該権利者」に通知される)が通知され、申告受付された商品は、非公開処理されます。

セラーが著作権者であるか、正当な権利者であることを証明できる場合にのみ、再販要請が可能です。(14日以内の再販要請が必要であり、未受付時は販売が中止される。)

申告受付スレッドは、要請者およびセラー間の合意のための空間であり、Marpple Shopは、著作権を保有していないため、スレッド作成のほかにいかなる関与もしていません。

著作権法第103条第3項および同法施行令第43条2項の規定によりMarpple Shopが予定日(再販要請受付後7日)を申告受付者に通知した後、再販予定日に商品が復元されます。

再販された商品については、申告受付を繰り返すことができず、以降の手順は、当事者間の合意または関係行政機関の審議判断や裁判所の判決によって解決することができます。

偽造商品販売申告の受付時の留意事項

偽造商品に対する措置要請は、商標法第107条(権利侵害に対する差止請求権等)およびデザイン保護法第113条(権利侵害に対する差止請求権等)の規定に基づき権利者のみが可能です。

商標法第108条(侵害とみなす行為)およびデザイン保護法第114条(侵害とみなす行為)に該当する場合、直ちに当該商品の販売中止が措置されます。

偽造商品の販売による措置の際、当該商品を販売中のセラーに権利権者(団体の場合は「権利を保有する会社名」に、個人の場合「当該権利権者」に通知される。)と侵害権利が何であるかを通知します。

セラーは、偽造商品ではなく正当な商標などの使用であることを証明できる場合にのみ、スレッドに回答登録が可能です。

申告受付スレッドは、要請者およびセラー間の合意のための空間であり、Marpple Shopは、著作権を保有していないため、スレッド作成のほかにいかなる関与もしていません。

Marpple Shop内部規定違反

Marpple Shop内部規定違反申告の受付時の留意事項

Marpple Shop内部規定違反の申告受付の際、当該商品を販売中のセラーには、要請事由が通知され、申告受付非公開スレッドが生成されます。

セラーが内部規定違反の事実がないことを証明できる資料を添付した回答を登録する際、内部審査後に申告解決処理がなされます。

14日以内に回答登録がなされない場合と、審査後の規定違反が確認された場合、ショップ運営が中止されます。

申告受付サービス案内

0